介護をする方に知ってもらいたい栄養状態の評価・観察方法

介護情報
スポンサーリンク

介護職の人に向けての研修した時に作成した資料です。
痩せてきた方がいらっしゃったら、ガンや甲状腺機能亢進などの病気なのかもしれません。
他に要因があるかもしれません。
看護師としては、疾患を頭にイメージしながら観察はしますが、診断をするのは医師しか出来ません。
病気の有無の判断は医師にお任せして、治療や療養上の注意点をしっかり聞きます。

それでは看護師・介護職・介護している人は何を観察したらよいか。栄養状態が悪くなっている人にどう対応するかを学んでいきましょう。

低栄養に関連して考えなければいけない問題

・口腔機能の問題
(義歯の適合・歯周病・唾液分泌・口腔内粘膜の状態など)
・嚥下機能の問題
(食事形態は適切か・咀嚼・飲み込み・誤嚥の有無など)
・褥瘡のリスクが上がる
(日常の過ごし方・皮膚の状態・褥瘡好発部位の圧のかかり方)
・食欲低下の原因
(嗜好・食器やカトラリーの使いやすさ・食事の姿勢
 消化器系疾患・認知症や老人性うつの進行)
栄養状態の評価

タイトルとURLをコピーしました