事故が一番多い場所は?

お片付け情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

●事故の第一位は住居です!

国民生活センターによると、住宅での事故が一番になっています。

スポンサーリンク

●どうして住宅で事故が起こるのですか?

高齢者はこんなところが衰えている

筋力の低下
バランス能力の低下
身体の柔軟性の低下
骨密度の低下
空間認識能力の低下
気持ちと身体能力のズレ

上記のような理由で、高齢者は自分が思っているよりもケガをしやすくなっています。

こんな家に住んでいる!

床に物を置いてある
よく使うモノが取りにくい場所にある
寝室とトイレが遠い

実際にかめサポが経験した話

一時テレビショッピングで流行した油を使わなくても揚げ物が出来る「フライヤー」
その「フライヤー」が食器棚の一番使いやすい場所に占領されてあり、普段使う食器が取れない状態でした。
モロゾフのプリンのカップでお茶を飲み、プラスティックのおもちゃのようなお皿1枚で食事されていました。
お薬は食器棚のしゃがまないと取れない下の段に置いているため薬の飲み忘れも多くなっていました。
生活を豊かにしようと購入した「フライヤー」一つで、生活の質が下がっていました。

看護師としては、薬の飲み忘れがないように薬の置き場所を変えて飲み忘れをしないように介入しましたが、訪問看護師としては他の仕事があるので悲しい食器事情までは帰れず悲しかったです。

スポンサーリンク

●どうすれば住居での事故は防げますか?

生活動線に物を置かない

シニアでよくあるのが、トイレに行くときに事故に合う確率が体験的に高いです。
尿も我慢しにくくなっているので、普段よりも急いでいます。
寝起きも危険です。寝ていて筋肉も固まって、可動域も狭くなっています。
ベッド周りの足元にモノは置かないようにしましょう

日常よく使うモノはゴールデンゾーンに置く

ゴールデンゾーンとは、片手をぐるっと回して手の届く範囲のことです
背が高い人はゴールデンゾーンも広いです。
肩関節が固い人はかなりゴールデンゾーンが狭くなります。
ゴールデンゾーン内は、身体に普段がなく手を動かせるので、日常よく使うモノはこの範囲に置くようにしましょう。

167センチの亀村は、ここも普段はゴールデンゾーンとして使っています。
しかし、シニアになると写真のような上の戸棚にモノを置かないようにしましょう

モノの適量を決める

買い物の頻度とモノがどれくらいのスピードで使うかを考えて、ストックの量を決めておきましょう。
置き場所を決めると自然にここに置けるだけとストックの量を簡単に管理ができます。

醤油が何本もあるお家や、2人暮らしなのにドライヤーが4個もあるお家もありました。

亀村家のティッシュ置き場です。鼻炎もちなのでストック多めです。
普通のティッシュ2列、柔らかいティッシュ1列。ここのおける分しか買いません。
置き場所を決めて管理すると、醤油を何本も買ってしまうことも防げます。

使うところに使うモノを置く

そのモノはどこで使うモノですか?
使うところの近くに収納しておくと動線が短くて済むので、楽に生活が出来ます。
お薬カレンダーを冷蔵庫に張っている人が多いですが、飲み忘れがなくていいですね。

ちなみにお薬ポケットはあまり安いものはお勧めできません。
マチがないと取り出しにくいです。
取り出しやすくするために、結局小さなジップロックを買ってそこに入れてから、ポケットに入れている人もいましたが、薬を飲むのに
1、ジップロックに入った薬を、お薬カレンダーから取り出す
2、ジップロックからさらしお薬を取り出す
というめんどくさいことになります。
収納する時のポイントは、出来るだけ少ない工程で出し入れできることが大事です。
これはマチもしっかりあって取り出しやすいのでおススメです


水を冷蔵庫のミネラルウォーターかもしくは水道水で飲みますが、冷蔵庫は確実に水場に近いです。
使うところに使うモノを置くと、すぐに収納できるので、その辺りにおきっぱなし。
そのものにつまずいて転倒ということが防げます

一緒に使うモノは一緒に置く

モノの数が少ない方がよいのではありません
ハサミを例に挙げると、キッチンで袋物をあける為のハサミ、郵便物をあける為のハサミ、段ボールをまとめる時のひもを切る為のハサミなど。
写真は我が家の段ボール置きです。梱包セットも一緒に置いています。

スポンサーリンク

●楽な宅配買い取り

最近は楽な宅配買い取りも増えています。店舗に持っていかなくていいのが助かりますね。
かめサポ家も連休の間に申し込みました。
メルカリをしていましたが、それだと中々片付かないので一気に処分です。
下記のようなサービスもいろいろあります。





スポンサーリンク

●かめサポからのメッセージ

かめサポ
かめサポ

家をお片付けして転倒事故を防ぎましょう!

かめサポ
かめサポ

高齢者の整理収納術
講座の資料をダウンロードしたい方は

LINEのお友だち登録をして

「整理収納」と送信してくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました